お問い合わせはTEL011-378-4954 北海道北広島市西の里348-4

ウィンドウリペアWindow-Repair

 

 



ウィンドウリペアって何?

ウインドウリペアとは、主に自動車のフロントガラスに使用される合わせガラスの修復法です。
キズのついたフロントガラスのままでは車検に合格することが不可能なため、フロントガラスの交換をしなくてはなりません。
ウィンドウリペアは飛び石などで出来たキズの部分に特殊樹脂液を注入し、硬化させることにより、外観上の修復とキズの進行を防ぐことが出来る手法です。
この手法でリペアすることにより、通常10万円以上もする、ウインドシールドの交換を回避することが出来、車検にも問題なく通過することができます。

メリット

  • 修復したら視界や強度ともに大幅に向上いたします。
    ※ただしキズの状態によっては修復跡が残ります。走行上、跡が気になるような方にはガラス交換をオススメします。
  • ガラス交換よりも安価で修繕できます。
  • 短時間(1~2時間程度)での修繕が可能です。

放っておくと危険です!!

  • 温度変化によってヒビ割れが広がってしまう。
  • 走行中の風圧により、ヒビ割れが広がる。
  • 走行中の振動や車体のねじれで、割れが広がる。
  • ドアの開閉時の内圧で、割れが広がる。

※ガラスにヒビ割れが出来てから、時間が経てばそれだけ割れた部分からゴミや塵が入ってきます。
出来るだけ早めの修復をオススメしますが、それまでヒビ内部にゴミや塵などの異物が入らないように傷口はテープ
などでふさいでください。

ヒビを伸ばさないためには・・・

  • ヒビ内部に異物が入らないようテープでふさいでください。
  • 圧力の変化に弱いのでドアを勢いよく閉めないようにし、できれば窓を数センチ開けた状態で閉めてください。
  • 極力悪路は避け、急ブレーキや急ハンドルなどは、走行速度を落として静かな運転を行ってください。
  • 温度変化に弱いので、エアコンの風をフロントガラスに当てないようにしましょう。
  • デフロスターは使わないようにしてください。
  • リペアするまでは、撥水剤の使用は避けてください。

ウィンドウリペア料金

◆ 15,120円
※ガラス交換に比べ低料金となっております。

ウィンドウリペアについての質問

  • ウインドウリペアはどの程度のキズを修理することが可能ですか?
    概ね500円玉程度の大きさまでのキズになります。ただし、ヒビの状態や場所によっては修復不可能な場合もあります。
  • ウインドリペア施工時間はどれ位かかりますか?
    1か所につき大体1時間半程度になります。
    異物混入など、状態によっては2時間半程度頂く場合もございます。
  • ウィンドウリペアの仕上がりはどのようになりますか?
    修復跡は雨染みのように残りますが、殆ど目立たなくなります。内側から見たとき傷にもよりますが、角度によっては光る場合もございます。
  • 雨の日でもリペアすることは可能ですか?
    基本的にリペアすることは可能です。ただしヒビの中に水分が入ってしまい、そのままだろリペアしても修復跡が白っぽくなる場合があります。
    当店ではリペアする際、水分は完全に抜き取るようにしておりますが、どうしても抜けきれない時もあります。
    できれば雨の日は避けたほうがいいですが、ヒビ割れができたら、できるだけ早く不純物や水分が入らないようビニールテープ等を貼ってふさいでおいてください。
  • 車検には通りますか?
    車検には対応しておりますが、ただし、検査官の判断による場合もございます。
  • 量販店などで修復キットが売られているけど、自分でもリペアしても大丈夫ですか?
    お勧めできません。 過去にもリペアに失敗した車両を見てきましたが、技術上同じ箇所へのリペアはできません。その場合ガラス交換となり高くついてしまいます。
    ヒビができた場合はお早目に当店へご連絡くださいませ。

ウィンドリペアは、外観上の修復とヒビの拡大を防ぐのが目的です。施工後、傷跡が新品の状態に戻るものではありません。
リペアでヒビ内部を真空状態にした際に、今まで見えていなかったキズがはっきり見え、実際は肉眼で見たよりも大きい場合がございます。また、ヒビの大きさや割れ方の程度によっては修復できない場合がございます。ご了承くださいませ。

1. 基礎知識

ウィンドリペアとは、自動車のガラスの飛び石傷の補修のことです。
フロントウィンドウは合わせガラスで、表面ガラスだけが損傷している場合がほとんどです。

基礎知識

飛び石傷を放置しておくと大きくなる可能性があります。
風圧・振動・温度差により、走行中に傷が全体に広がる危険性があり、車検には通りません。
また、大きな出費になります。

ウィンドリペアで修復可能な傷の種類

2. 修理工程

傷内部の空気を取り除き、ガラスの屈折率に近いレジン(アクリル樹脂)を圧入し
紫外線で硬化します。

修理工程